ラマパーティ

L.A.M.A. Party edition / Amigo / Reiner Knizia作
2〜6人 8歳以上 20分

 Amgo社設立40周年を記念して作られたラマの記念バージョンです。
 ラマの基本ルールは、カードは1〜6とラマです。6枚ずつ手札を配り、山札から1枚表にして置きこれを捨て札の最初のカードとします。
 手番になったらできることは3つです。
 1.手札を1枚プレイする。プレイできるカードは捨て札の山の一番上のカードと同じか1つ大きな数字カードです。ラマはラマか6の上にプレイできます。ラマの上にはラマか1がプレイできます。つまりラマは6と1の間の数字のような役目です。
 2.カードを山札から1枚引く
 3.ラウンドから抜ける。手札に残ったカードを伏せてラウンドから抜けます。残ったカードがマイナス点です。ラマはマイナス10点です。ただし、数字もラマも同じものは1枚だけマイナスになります。傷を深めないためにラウンドから抜ける手もあります。
 誰か一人が手札を無くすか、すべてのプレーヤーが抜けたらラウンド終了です。マイナス点分のチップを受け取ります。白はマイナス1点、黒はマイナス10点で、いつでも両替できます。
 ゲームは何ラウンドか行いますが、もし手札を無くしてラウンド終えることができたら、マイナスポイントのチップを1枚(たとえ10ポイントの黒でも)ストックに戻すことができます。
 誰か一人がマイナス40ポイント以上になったらゲーム終了です。もちろんマイナス点の少ないプレーヤーの勝ちです。

 基本的には同じゲームですが、基本ルールとの違いは3カ所です。
 プラスカード 1〜6の数字カードに+が描かれたものが1枚ずつ入りました。このカードをプレイしたら、直ちにもう1手番(プレイする・山札を引く・降りる)を行います。
 ピンクのラマカード このカードは場のカードにかかわらずいつでも出せます。ピンクのラマの次にはラマまたは「1」が出せます。
 ピンクのチップ 20点です。カードを出し切ることができたら、このチップを戻すこともできます。
販売価格 1,500円(内税)

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

営業案内

2021年4月
S  M  T  W  T  F  S
            01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30    
        
2021年5月
S  M  T  W  T  F  S
                  01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31                

黒(火〜金曜):11:00-19:00
赤(土曜・日曜・月曜・祭日・臨時休業日):休業日